地域の暮らしを大切に

介護業界では、高齢者の要望に合わせて様々な介護サービスを生み出し提供しています。
多くの高齢者が利用している特別養護老人ホームは、介護度の重い高齢者が長期入所できる入所型介護施設です。特別養護老人ホームは、利用者様の生活の場であり、終の棲家になる可能性もあります。24時間体制で介護サービスを受けることができるので、利用者様も安心した生活を送ることができるようです。
また、利用者様の家族の方にとってもたくさんのメリットがあります。まず、特別養護老人ホームに入所できる高齢者は介護の度合いが重く、自宅において家族だけで介護をするにはかなりの負担がかかります。また、入所の際の一時金は不要で、毎月の利用料金も低価格なのが特徴となっています。一方、特別養護老人ホームの代表的なデメリットの一つとして、介護サービスが手厚く低料金なので人気が非常に高く、全国各地で入所待ちの状態が発生していているようです。
基本的な身体介護や生活援助などの介護サービスの提供から、高齢者の状態や希望に合わせて臨機応変にサービスの提供を行っている施設の中にデイサービスがあります。デイサービスの場合は、各施設の方針によって提供するサービスの内容が大きく変わってくる場合があり、認知症対応型通所介護と呼ばれるデイサービスでは、認知症の高齢者を対象にサービスの提供を行っています。こちらの施設は地域密着型サービスに分類され、いずれ介護が必要になる高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らしていけることを目標にしているようです。