デイサービススタッフの仕事内容

介護制度の広がりを受け、近年様々な介護施設が増えています。
その中でも通所介護、デイサービスと呼ばれる通所介護施設では軽度の介護が必要な高齢者を受け入れ、日中の時間に身体介護を行ったり、リハビリやレクリエーションのサービスを提供しています。人と会話することが減ったり、外に出ることが億劫になりがちな高齢者の方がコミュニティに参加することで生きがいや喜びを感じ、介護している家族共々リフレッシュすることを目的としています。
デイサービスで働くスタッフの一日の仕事内容は、送迎車両で利用者を家まで迎えに行くことから始まります。健康チェックを行った後は、施設で様々な活動を行っていきます。午前中は、入浴介助や排せつ介助といった身体介護からレクリエーションの運営が中心になってきます。お昼ごはんを食べた後は、リハビリとレクリエーションを行い、利用者同士で交流を深めてもらいます。レクリエーションの内容も歌やゲーム、囲碁に折り紙と多岐に渡っており、スタッフは利用者が楽しんでいるかどうかしっかり見守り、皆で会話を楽しめるように工夫します。その後はおやつを食べながら談笑し、夕方になると利用者を家まで送り届けて一日の仕事は終わります。介護度の低い利用者が多いため、身体介護よりも会話であったり一緒にレクリエーションを楽しんだりといったことが大切になってきます。ですので、デイサービスで働く介護スタッフに求められる能力も親しみやすさであったり話しやすさであったりといったことになります。